「これはアンティーク家具なのよ」と、自慢気に話す人もいますよね。確かに素敵な家具ですが、そもそもアンティーク家具とはどういうものなのか、どういう魅力があるのか知らない人も多いのではないでしょうか。ここではアンティークの基本的な概要やメリットなど、基礎的なことについて解説します。

アンティーク家具の概要

輸入関税における法的なアンティークの定義とは?

アンティークと呼ぶための正確な定義は定められておらず、唯一あるのが1934年にアメリカ合衆国において「製造から100年を経過した美術品、工芸品、手工芸品」とする通商関税法の記録として残っています。…

知っておきたい!ジャンク品とアンティーク品の違いについて

「ジャンク」と「アンティーク」、この2つの言葉はどちらも、古い道具に対して使われます。しかしこの2つの言葉には、明確な違いがあります。まず「ジャンク」という言葉は、英語で「がらくた」を指します。既…

アンティークという言葉の歴史について

アンティークとは、フランス語で骨董や古美術を指す言葉です。日本語でもそのままの意味でとって良いのですが、アンティークな品については特別な定義があるわけではありません。つまり古ければなんでもアンティ…

アンティーク家具の様式

アンティーク家具を選ぶ際は、様式によって特徴が異なります。クイーンアン様式は優雅な曲線や動物の脚を模した特徴があり、ロココ様式は装飾の主要部分が貝殻のモチーフになっているなどの特徴が挙げられます。

アンティーク家具の魅力

アンティーク家具を生活に取り入れることにはさまざまな魅力があります。だからこそ、アンティーク家具を揃える人がいるのです。それでは一体、どのような点がアンティーク家具は素晴らしいのでしょうか。その魅力について紹介します。

歴史を感じることができるアンティーク家具

ズバリ!普通の家具とは違うアンティーク家具の魅力とは?

英国のアンティーク家具はこんなに凄い!

材料から装飾までがこだわり

アンティーク家具は、100年以上前から使われている家具を指しますが、なぜそんな古いものが今でも使えるのでしょうか。それには、材料に秘密があります。アンティーク家具に使用されている木材は、オークやウォールナットなどの高級木材が使われ、丈夫で長期間の使用に耐えられ、簡単に修理やメンテナンスを行うことができます。 また、装飾も特徴的で、透かし彫りという技法で彫られています。もともと日本の欄間の技術が活かされていると言う透かし彫りは、繊細でとても細やか。その模様は花の模様や王家の紋章まで様々。その模様を100年も前に、しかも機械ではなく工具だけで彫ったと考えたら気が遠くなってしまいそうですね。ですが、それこそアンティーク家具の魅力でしょう。

実は日本向きのデザイン!?

ここまでアンティーク家具の魅力を紹介しましたが、海外の家具だから大きいのでは?と思うかもしれません。しかし、イギリスなどヨーロッパでは、一部を除き多くの国民は日本とさほど変わらない居住スペースで生活しており、つまり 皆さんのイメージする大きな家具ではなく、日本向きの小さく狭いスペースにも置けるコンパクトなデザインとなってるのも魅力の一つです。また、実用性も高く、普段は二人用の机として使用し、来客が来た際に面積を広げることが出来たり、簡単に折り畳めるようになっているものなど、利便性のある仕掛けがあるのも魅力です。アンティークは高価な物ですが、一つ持っていればきっと自分の一生の宝物になる事間違いなしです。