ズバリ!普通の家具とは違うアンティーク家具の魅力とは?

細部の装飾や素材が豪華

一般的に販売されている家具と比較して、アンティーク家具はより豪華な装飾や素材が使われていることが多く、インテリアとして優れています。現在でも凝った装飾が使われている家具はありますが、アンティーク家具は今よりも技術が発達していない時期に生産されており、より細かく暖かみのある装飾が多くなります。素材を見ても、アンティーク家具として現存しているだけで素材の良さの証明になるでしょう。50年、100年と経つにつれ、実用に足る家具は徐々に少なくなっていきます。アンティーク家具として残っているものは時間の経過という問題を乗り越えてきたものばかりなので、見た目はもちろん実用性も高い素材が使われていることがわかるのです。

世界に一つだけの希少性

アンティーク家具は時代に左右されず残ってきたものばかりなので、世界中探しても他にはない貴重な一点物です。全く同じデザインで家具を作り直すは可能かもしれませんが、アンティーク家具はキズも味の一つであり、長い年月を経て付けられたキズは決して再現できません。見た目の綺麗さは新品の家具には及ばないかもしれませんが、その家具だけが持つ雰囲気で言えばアンティーク家具に優るものはないのです。また、現存しているアンティーク家具の多くがきちんとメンテナンスされ大切に扱われてきた家具ばかりです。人から人へ受け継がれ、なおかつ大切に扱われ続けてきたからこそ醸し出す雰囲気はどんな家具でも再現できませんし、所有者からしても大切にしたいという気持ちが強まるのです。